逆流性食道炎

Reflux esophagitis

Reflux esophagitis

逆流性食道炎

胃液や消化途中の食べ物が食道に逆流することで起こる炎症
逆流性食道炎とは、胃液や消化途中の食べ物が食道に逆流することで炎症が起こり、胸やけや胸の痛み、喉の詰まり、激しい咳、喉の違和感、胃の不調、腹部の張りなどの症状が現れる病気です。

従来は、欧米人に多くみられる病気で日本人には少ないとされていましたが、食生活の変化などにより逆流性食道炎に悩む患者様の数が増えています。逆流性食道炎の原因として早食い、食べ過ぎ、アルコールの摂取、喫煙、タンパク質の多い食事、食後すぐに横になったり、就寝前に食事を摂ったりするなどの生活習慣といったものが挙げられます。

 逆流性食道炎が慢性化すると、食道上皮が胃の上皮と同じ円柱上皮に変質する「バレット食道」を引き起こし、胃がんのリスクを高めるとされていますので、症状をお感じになった時には放置せずにきちんと検査・治療を受けるようにしましょう。 

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

The cause

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎は、「胃と食道の境目部分の筋肉(下部食道括約筋)が緩み、胃酸が逆流しやすくなる」「食道の動きが悪く、逆流した胃酸が押し戻せなくなる」「胃の圧力が高まって胃酸が押し上げられる」などのことが原因で起こります。そうした状態を引き起こす主な要因は次の通りです。
項目を追加

living kitchen

家族が集まるリビングキッチン
温かみのある無垢材を贅沢に使用したリビングキッチン。ウォールナット材にすることで壁の白が際立ち、明るいお部屋を演出しています。また、従来のキッチンに比べてIランドキッチンは広々としており収納スペースも豊富。さらに開放的で家族やお客様との距離も縮まりやすいのが魅力です。
食卓は家族とのコミュニケーションの場として大切な場所。自然と家族が集まってくるようなダイニングキッチンを目指しました。

引き起こす主な要因

  • 早食い
  • 食べ過ぎ
  • アルコールの摂取
  • 喫煙
  • タンパク質の多い食生活
  • 唐辛子やコショウなどの香辛料の摂取
  • チョコレートなどの甘い物の摂取
  • レモンなどの酸味の強い果物の摂取
  • 加齢
  • 肥満
  • 猫背などの姿勢の悪さ
  • 食後すぐに横になる、就寝前に食事を摂るなどの生活習慣
  • ストレス

こんな症状はございませんか?

  • 胸やけ
  • 胸痛
  • 酸っぱい・苦い液体が口まで上がってくる(呑酸)
  • 喉の詰まり
  • 喉の痛みや違和感
  • 声がかれる
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 激しい咳
  • ゲップがよく出る
  • 胃もたれ、胃の痛み、胃が重いなどの不調
  • 腹部の張り
項目を追加

Prevention

逆流性食道炎を予防するために

HOUSING

株式会社OWLは、家族の人数や予算に応じて、理想に住まいをご提案させていただきます。

胃酸が出やすい食べ物を控える

油っこいもの、甘いもの、辛いものなど胃酸が出やすい食べ物を食べ過ぎないようにしましょう。コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれているもの、炭酸飲料、アルコールなども胃酸が出やすいので注意するようにしましょう。

アルコールを控える

過度なアルコールの摂取は逆流性食道炎の原因となりますので、控えるようにしましょう。

食後すぐに横にならない
就寝前に食事を摂らない

食後3時間程度は胃の内容物が逆流しやすいとされていますので、食後すぐに横になったり、就寝前に食事を摂ったりしないようにしましょう。どうしても横になりたい場合には、頭を高くするか、お体の右側を下にするようにしましょう。

前屈みの姿勢を避ける

前屈みの姿勢は腹圧を上げますので、避けるようにしましょう。また、腹部を締め付けない服装を心がけるようにしましょう。

肥満解消に努める

肥満は逆流性食道炎の原因となりますので、できるだけ解消するように努めましょう。
項目を追加

Examination

逆流性食道炎の検査

HOUSING

株式会社OWLは、家族の人数や予算に応じて、理想に住まいをご提案させていただきます。

問診

患者様からお感じになっている症状や、毎日の食事などの生活習慣全般をおうかがいします。

胃カメラ検査

胃カメラ検査を実施して、食道の粘膜の状態やがんの有無などを確認します。

生体検査

逆流性食道炎以外にも、がんなどの他の病気の疑いがある場合には、胃カメラ検査時に病変部分を採取して生体検査を行います。

PPIテスト

酸分泌抑制薬を7日間、服用して頂いて効果判定を行います。これにより症状が改善された場合には、逆流性食道炎の可能性が高いと言えます。
項目を追加

Treatment

逆流性食道炎の治療

HOUSING

株式会社OWLは、家族の人数や予算に応じて、理想に住まいをご提案させていただきます。

薬物療法

「H2ブロッカー」や「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」などの酸分泌抑制薬を服用して頂いて、症状を改善に導きます。

生活習慣の見直し

胃酸が出やすい食べ物やアルコールを控えたり、食後すぐに横になったり、就寝前に食事を摂らないようにするなど、生活習慣を見直して症状を改善に導きます。お煙草を吸われる方には禁煙をおすすめしたり、肥満傾向にある方には痩せるようにアドバイスしたりもします。

手術

薬物療法や生活習慣の見直しを行っても症状が改善されなかったり、食道炎が重症化していたり、逆流性食道炎の再発を繰り返したりするような場合には、手術が必要となる場合もあります。手術が必要な患者様につきましては、症状に応じて適切な専門機関を紹介させて頂きます。
項目を追加

Q&A

逆流性食道炎についてのQ&A

Q
質問です
A
答えです
Q
逆流性食道炎とはどんな病気ですか?
A
胃液や消化途中の食べ物が食道に逆流することで炎症が起こる病気です。
Q
どんな症状が現れますか?
A
胸やけや胸痛などのほか、激しい咳が出るなどの症状が現れます。
Q
どうして逆流性食道炎が起こるのですか?
A
「胃と食道の境目部分の筋肉(下部食道括約筋)が緩み、胃酸が逆流しやすくなる」「食道の動きが悪く、逆流した胃酸が押し戻せなくなる」「胃の圧力が高まって胃酸が押し上げられる」などのことが原因で起こります。そうした状態を引き起こす主な要因として、「早食い」「食べ過ぎ」「アルコールの摂取」「喫煙」「タンパク質の多い食生活」「食後すぐに横になる、就寝前に食事を摂るなどの生活習慣」などが挙げられます。
Q
逆流性食道炎はどのように診断しますか?
A
患者様の状態や症状などに応じて、「問診「胃カメラ検査」「生体検査」「PPIテスト」などを実施して診断致します。
Q
逆流性食道炎の治療内容を教えてください
A
「H2ブロッカー」や「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」などの酸分泌抑制薬による薬物療法のほか、生活習慣の見直しなどにより症状を改善に導きます。
項目を追加