ピロリ菌について

About Helicobacter pylori

About Helicobacter pylori

ピロリ菌とは

“ ヘリコバクター・ピロリ菌 ”
ピロリ菌は正式には「ヘリコバクター・ピロリ菌」と言い、胃粘膜に感染するらせん状の細菌です。高齢者に保菌者が多く、壮年から高齢では60%の方が感染しているとされています。 ピロリ菌に感染すると慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こすだけでなく、加齢ともに胃粘膜の萎縮が進んで胃がんのリスクが高くなるとされています。

ピロリ菌に感染している方は、そうでない方と比べて胃がんになるリスクが10倍以上高いと言われていますので、胃がん予防のためにも年に1回の定期的な検査を受けられることをおすすめします。ピロリ菌の感染の有無は、胃カメラ検査で胃の組織を採取し、生体検査を行うことで簡単に確認することができます。 

living kitchen

家族が集まるリビングキッチン
温かみのある無垢材を贅沢に使用したリビングキッチン。ウォールナット材にすることで壁の白が際立ち、明るいお部屋を演出しています。また、従来のキッチンに比べてIランドキッチンは広々としており収納スペースも豊富。さらに開放的で家族やお客様との距離も縮まりやすいのが魅力です。
食卓は家族とのコミュニケーションの場として大切な場所。自然と家族が集まってくるようなダイニングキッチンを目指しました。


患者様の状態や訴えに応じて適切に治療していくことが大切です

全国的にピロリ菌を保有している患者様の数が減少
現在、様々な内科医院などでピロリ菌検査・除菌が行われていることもあって、全国的にピロリ菌を保有している患者様の数が減少しつつあります。ですが、ピロリ菌がいなくなっても症状が現れることもあるため、今後は「ピロリ菌がいなくなった胃をどうケアしていくか?」が重要になるのではないかと考えております。

萎縮性胃炎は大きな範囲で言えば前がん状態ですが、萎縮性胃炎にかかっているすべての方ががんになるわけではありません。また、ピロリ菌の感染が原因で起こっている場合もあれば、それ以外のことが原因で起こっているケースもあります。

様々なパターンが考えられますので、患者様の状態や訴えに応じて適切に治療していくことが大切です。


除菌したからといって胃がんが発生しなくなるわけではありません

胃がんについてはあくまで「リスク」が低下
ピロリ菌が胃がんの発生リスクを高めることは広く知られていますが、除菌したからといって胃がんが発生しなくなるわけではありません。ピロリ菌の除菌治療により胃潰瘍などの疾患の「再発率」は著しく下がりますが、胃がんについてはあくまで「リスク」が低下するだけです。なので、除菌治療を受けた後も、定期的な検診などきちんとケアすることが重要となります。

項目を追加

Inspection method

ピロリ菌の検査方法

1.  内視鏡を使用する検査

ゆったりとした感覚
それは十月何しろこの運動順というのの後がかかわらならた。
もう今に承諾院はかつてその評だますでもにしのにいけでには道楽しべからましが、多少にも投げたべきだで。
「迅速ウレアーゼ試験」
ピロリ菌の持つ「ウレアーゼ」という酵素の作用によって作られる尿素を測定して感染を判定します。
鏡検法」
採取した胃の組織を染色して、顕微鏡で観察することでピロリ菌の感染を判定します。
「培養法」
採取した胃の組織を培養して、ピロリ菌が増えるかどうかで感染を判定します。
項目を追加

2. 内視鏡を使用しない検査

ゆったりとした感覚
それは十月何しろこの運動順というのの後がかかわらならた。
もう今に承諾院はかつてその評だますでもにしのにいけでには道楽しべからましが、多少にも投げたべきだで。
「抗体測定」

血液や尿を採取してピロリ菌の抗体を検出することで感染を判定します。
「尿素呼気試験」

検査薬を服用し、一定時間経過した後に呼気を調べてピロリ菌の感染を判定します。
「糞便中抗原測定」

糞便の中からピロリ菌の抗原を検出することで感染を判定します。
項目を追加

Sterilization

ピロリ菌の除菌

検査結果が陽性だった場合には、抗生物質や胃の炎症を抑えるお薬などを1日2回、1週間服用して頂きます。服用終了後、4週間経過したら「糞便中抗原測定」を行って除菌が成功したかどうかを判定します。

1回目の除菌の成功率は70~80%程度です。 1回目の除菌後も陽性だった場合には、お薬の種類を変えて再度除菌治療を行います。

ピロリ菌の除菌治療は2回目まで保険適用で受けられます。 

Eradication therapy

除菌治療の流れ

01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
ピロリ菌の検査
「迅速ウレアーゼ試験」と「鏡検法」を行ってピロリ菌の感染を判定します。
■検査結果が陰性だった場合 
ピロリ菌の除菌治療は必要ありません。 
■検査結果が陽性だった場合 
ピロリ菌の除菌治療を行います。 
02
1回目の除菌治療
抗生物質や胃の炎症を抑えるお薬などを1日2回、1週間服用して頂きます。
1日でも服用しないと十分な効果が得られませんのでご注意ください。服用
終了後、4週間経過したら「糞便中抗原測定」を行って除菌が成功したかどうかを判定します。1回目の除菌の成功率は70~80%程度です。
03
ピロリ菌の検査
■検査結果が陰性だった場合
除菌治療は終了です。 
■検査結果が陽性だった場合
お薬の種類を変えて再度除菌治療を行います。ピロリ菌の除菌治療は2回目まで保険適用で受けられます。
04
2回目の除菌治療
1回目とは種類の異なるお薬を、1回目と同様に1日2回、1週間服用して頂きます。1日でも服用しないと十分な効果が得られませんのでご注意ください。服用終了後、4週間経過したら「糞便中抗原測定」を行って除菌が成功したかどうかを判定します。2回目の除菌の成功率は95%以上とされています。
05

ピロリ菌の検査
■検査結果が陰性だった場合
除菌治療は終了です。 
■検査結果が陽性だった場合 
3回目の除菌治療を検討します。ただし、3回目から自費診療となります。 
項目を追加