検査の流れ・ポイント

Flow of inspection

The stomach camera inspection

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査とは、小さな内視鏡を口または鼻から挿入することで、食道、胃、十二指腸などの上部消化管を隅々まで観察する検査です。

急性・慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ピロリ菌の感染、逆流性食道炎などの疾患の早期発見に効果的なだけでなく、定期的に受けることで胃がんや食道がん、十二指腸がんの早期発見に繋がる大切な検査です。慢性萎縮炎やピロリ菌感染のある方などは特に、定期的に検査を受けられることをおすすめします。

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

鼻内視鏡検査と経口内視鏡検査について

大阪府茨木市のおおたに内科医院では、口からではなく鼻から内視鏡を挿入する「経鼻内視鏡検査」を実施しております。口から挿入した時の吐き気(嘔吐反射)やえづき(咽頭反射)がほとんどないため、楽に検査を受けて頂くことができます。当院でも、多くの患者様がこの方法で快適に検査を受けられております。
項目を追加

鼻内視鏡検査と経口内視鏡検査の違い

項目
テキスト
テキスト
経鼻内視鏡検査
経口内視鏡検査
挿入方法
鼻から挿入
口から挿入
内視鏡の太さ
5mm程度
9.2mm程度
吐き気・えづき
ほとんどない
嘔吐反射・咽頭反射が起こることがある
検査中の会話
できる
できない
検査時間
ほとんど変わらない
ほとんど変わらない
検査精度
ほとんど変わらない
ほとんど変わらない
項目を追加

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

バリウム検査(胃透視)との違い

胃がんの早期発見のために推奨されている検査方法
胃の状態を確認する検査として、胃カメラ検査以外にもバリウム検査(胃透視)があります。バリウム検査は上部消化管のスクリーニング(振り分け)として大切な検査であり、利点もありますが、がんが疑われる病変を確定診断することはできませんし、胃がんや食道がんの早期発見にはあまり有効ではありません。なので、会社の集団検診などでバリウム検査を受けて異常を指摘されなかったからといって安心せずに、定期的に胃カメラ検査を受けられることをおすすめします。

また、胃がんリスクを判定する検診としてABC検診がありますが、これはヘリコバクター・ピロリ抗体価検査でピロリ菌の感染の有無を確認したり、ペプシノゲン検査で胃粘膜の萎縮の度合いを確認したりすることで胃がんリスクを評価する検査であって、胃がんそのものを発見するための検査ではありません。

現在、胃がんの早期発見のために推奨されている検査方法は、胃カメラ検査とバリウム検査だけです。また当院としましても、消化器内視鏡専門医が内視鏡検査で実際に目で見て、診断することが何よりも大切であると考えております。

項目を追加

The flow of examination

検査の流れ

安全に検査を実施するために
01
AM 9:30
担当する現場へ移動
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
01
事前診察
安全に検査を実施するために、当院では必ず事前に診察を行っております。診察時には現在の体調や服用中のお薬、血が止まりにくいかどうか、感染症の有無、鼻の状態、アレルギーなどについて確認させて頂きます。診察後、検査の日時を決定致します。
02
検査前日
検査前日は21時までに食事を済ませておくようにしてください。それ以降は絶食でお願い致します。お水は飲んで頂いてもかまいません。
03
検査当日
検査当日の朝も絶食でお願い致します。お水は飲んで頂いてもかまいません。リラックスして検査に臨まれるようにしてください。
04
ご来院
ご予約頂いた日時にご来院ください。「静脈内鎮静法」を行った上での検査をご希望になる方は、検査後も眠気やふらつきなどが残る場合がありますので、ご自身の運転による車やバイクでのご来院はお避けください。
05
前処置
ご来院頂きましたら問診を行って、安全に検査が実施できるかどうか確認します。その後、消泡剤を飲んで頂きます。これにより、胃の中の泡を消し胃壁をきれいにして観察しやすくします。また、鼻の粘膜に局所血管収縮薬を塗布して出血のリスクを抑え、麻酔液を注入して局所麻酔を実施します。
当院では苦痛の少ない「経鼻内視鏡検査」を実施しておりますが、検査に対する恐怖が強い方には「静脈内鎮静法」を行うことも可能です。静脈内鎮静法を行うことで、眠っているのとほとんど同じ状態で検査を受けて頂くことができます。ご希望の方はお気軽のお申し出ください。

06
検査(15~20分程度)
体の左側を下にしてベッドに横になって頂きます。麻酔液を塗ったチューブと内視鏡を鼻から挿入していき、食道、胃、十二指腸を隅々まで観察します。患者様によっても異なりますが、検査時間は15~20分程度です。
検査の様子はモニターに表示されますので、患者様にもご覧頂けます。また、経鼻内視鏡検査では口が自由に動かせますので、検査中もドクターと会話することができます。何か異変があった時にはすぐにそれが伝えられるので安心です。

07
検査終了
検査後は、30~60分程度安静にして頂きます。その後、いつも通りお食事して頂けますし、お仕事にも行って頂けます。
「静脈内鎮静法」を行った上で検査を受けられた方につきましては、覚醒するまで2時間程度ゆっくりとお休み頂くことになります。
08
検査結果の説明
ドクターが検査結果をご説明させて頂きます。よくご理解頂けるように丁寧でわかりやすい説明を心がけますが、不明点や確認しておきたいことなどがございましたら、何でもお気軽にお尋ねください。
09
検査後の注意
・検査後、1時間程度から飲食して頂けますが、消化に良いものを摂るようにしてください
・検査後は強く鼻をかまないようにしてください
・静脈内鎮静法を行った上で検査を受けられた方は、検査後もしばらく眠気やふらつきなどの影響が残る場合がありますので、ご自身の運転による車・バイクでのご来院はお控えください
・検査後、腹部に不調があったり、黒い便が出るなどの異常があったりする場合には、すぐに当院へご連絡ください。万が一の事態に備えて、検査を受けられた患者様には当院の緊急連絡先をお伝えしております
項目を追加

Do you have these symptoms?

こんな症状はございませんか?

次のような症状でお困りの方には、当院の胃カメラ・経鼻内視鏡検査をおすすめします。定期的な検査はがんなどの重篤な疾患の早期発見・早期治療に繋がりますので、40代に入ったら年に1回の検査をおすすめします。

living kitchen

家族が集まるリビングキッチン
温かみのある無垢材を贅沢に使用したリビングキッチン。ウォールナット材にすることで壁の白が際立ち、明るいお部屋を演出しています。また、従来のキッチンに比べてIランドキッチンは広々としており収納スペースも豊富。さらに開放的で家族やお客様との距離も縮まりやすいのが魅力です。
食卓は家族とのコミュニケーションの場として大切な場所。自然と家族が集まってくるようなダイニングキッチンを目指しました。

こんな方に胃カメラ・経鼻内視鏡検査をおすすめします

下記に当てはまる方要注意
  • 上腹部が痛むなど、腹部に不調がある方
  • 胃が痛い、むかむかするなど不快感のある方
  • 胸やけのする方
  • 喉や胸につかえ感がある方
  • 吐き気のある方
  • 黒い便が出る方
  • 急に体重が減少した方
  • 会社の集団検診などでバリウム検査(胃透視)を受けて異常を指摘された方
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の既往歴のある方
  • 胃がんや食道がんの家族歴のある方
  • 40歳以上の方

項目を追加

Effective for disease discovery

胃カメラ・経鼻内視鏡検査は
こんな病気の発見に有効です

当院の胃カメラ・経鼻内視鏡検査は、次のような病気の早期発見に有効です。年に1回など定期的に検査を受けることで早期に発見できる確率が高まります。2~3年に1回のペースでは異常を早期に見つけられない場合もありますので、年に1回の定期的な検査をおすすめします。
広げる
湾岸を埋め立て土地を広げる
そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
喉の病気
・咽頭がん
・喉頭がん
食道の病気
・食道がん
・食道潰瘍
・逆流性食道炎
・食道静脈瘤
胃の病気
・胃がん
・胃ポリープ
・胃潰瘍
・胃粘膜下腫瘍
・慢性・急性胃炎
十二指腸の病気
・十二指腸がん
・十二指腸潰瘍
・十二指腸ポリープ
・十二指腸炎
・乳頭部腫瘍
項目を追加