当院の特徴

Features of our hospital

Simple living

無駄を省いた快適なリビング
余計なものを削ぎ落とし、シンプルですっきりとしたお部屋を作りました。シンプルといっても、一歩間違えてしまうと冷たい印象を与えてしまいますが、生活感を払試しつつ温もりのあるモダンスタイルは株式会社OWLの得意なところ。配線や収納など隠すことで、シンプルなインテリアの居心地の良さを感じることができるのです。
家族それぞれがこの場所で、思い思いの時間を過ごしてもらいたいと思います。

病気の期発見を
目的とした検査を実施

将来の健康のために
大阪府茨木市のおおたに内科医院では、胃がんなどの病気の早期発見を目的とした内視鏡検査を実施しております。胃がんは進行が早いため、発見が遅れると深刻な結果に繋がるケースも少なくありません。そうした患者様をお一人でも少なくするために、精度の高い検査で早期発見をサポートさせて頂きます。

当院ではより多くの方に気軽に検査を受けて頂けるように、苦痛・負担の少ない「経鼻内視鏡検査」を実施しております。従来よりも楽に検査が受けられますので、過去に胃カメラ検査を受けてつらかったために抵抗感のある方も安心です。 将来の健康のためにも、40代に入ったら年に1回の定期的な検査を心がけるようにしてください。 
項目を追加

Simple living

無駄を省いた快適なリビング
余計なものを削ぎ落とし、シンプルですっきりとしたお部屋を作りました。シンプルといっても、一歩間違えてしまうと冷たい印象を与えてしまいますが、生活感を払試しつつ温もりのあるモダンスタイルは株式会社OWLの得意なところ。配線や収納など隠すことで、シンプルなインテリアの居心地の良さを感じることができるのです。
家族それぞれがこの場所で、思い思いの時間を過ごしてもらいたいと思います。

 「つらいのでは…」
査が安な方へ

「他院で受けた時よりも楽だった」とのお言葉を頂戴しております
初めて胃カメラ検査を受けられる方の中には、「つらいのでは…」「痛いのでは…」と不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。そうした方にも安心して胃カメラ検査を受けて頂くために、当院では快適な検査が実施できる体制を整えております。

  他院で胃カメラ検査を受けられた方からよく耳にするお話として、「口に内視鏡を挿入された時の吐き気(嘔吐反射)がつらかった」「えづき(咽頭反射)を我慢するのが大変だった」などがあります。

ですが、当院では口からではなく、鼻から内視鏡を挿入して観察する「経鼻内視鏡検査」を実施しておりますので、口からの検査時に受ける苦痛や不快感はほとんどありません。実際、当院で検査を受けられた方からも、「他院で受けた時よりも楽だった」とのお言葉を頂戴しております。 「つらくない胃カメラ検査」をご希望でしたら、是非、大阪府茨木市のおおたに内科医院までご相談ください。
項目を追加
半数以上がデザイナー
弊社の社員の約6割がデザイナーです。といっても色んな種類のデザイナーが在籍しており建築、家具、グラフィック、工業系と全てにおいてアンバランスな陣容です。
社内では好き放題やっております、クレドに記載されているとはいえギターまで持ち込んでます。できればコアタイムの演奏は、、、、。
当院の「快適なカメラ検査」の特徴
鼻から内視鏡を挿入する「経鼻内視鏡検査」
過去に胃カメラ検査を受けられた方の中には、口から内視鏡を挿入する時の吐き気やえづきがつらかったため、検査を受けることに抵抗感がある方もおられるのではないでしょうか。ですが、胃カメラ検査は口からだけでなく、鼻からも行えます。これを「経鼻内視鏡検査」と言い、口からよりも少ない負担で検査を受けて頂くことができます。
項目を追加

Merit

経鼻内視鏡検査のメリット

01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

従来の内視鏡
よりも細い

経鼻内視鏡の先端部は従来のものよりも細いので、スムーズに挿入でき、少ない負担で検査を受けて頂くことができます。口からの胃カメラ検査(経口内視鏡検査)で使用する内視鏡の太さは9.2mm程度ですが、経鼻内視鏡検査で使用する内視鏡の太さは5mm程度です。
02

吐き気が
起こりにくい

経鼻内視鏡検査では内視鏡が舌の付け根を通らないので、吐き気をほとんど感じずに検査が受けられます。
03

検査中も
会話できる

経鼻内視鏡検査では口を自由に動かせるので、検査中もドクターと会話することができます。何か異変があった時にはすぐにそれが伝えられるので安心です。
04

経口内視鏡検査と
比べても
遜色のない精度

内視鏡システムの向上により、経鼻内視鏡検査であっても、口からの胃カメラ検査(経口内視鏡検査)と比べても遜色のない精度で観察することが可能です。経口内視鏡検査よりも負担が少なく、それでいて同等の精度で観察できるというメリットの大きい検査方法です。
05

経鼻内視鏡検査は
こんな方に
おすすめです

胃カメラ検査に対して不安や恐怖心が強い方などには、眠っているのとほぼ同じ状態で検査を受けて頂ける「静脈内鎮静法」を行っております。全身麻酔ではございませんので、大きな声で呼びかければ目を覚ますことができます。 ただし、麻酔の効果が1~2時間程度続きますので、検査終了後は覚醒するまで2時間程度ゆっくりお休み頂くことになります。また、その後も眠気やふらつきなどが残る場合がありますので、ご自身の運転による車やバイクでのご来院はお避けください。 
項目を追加
半数以上がデザイナー
弊社の社員の約6割がデザイナーです。といっても色んな種類のデザイナーが在籍しており建築、家具、グラフィック、工業系と全てにおいてアンバランスな陣容です。
社内では好き放題やっております、クレドに記載されているとはいえギターまで持ち込んでます。できればコアタイムの演奏は、、、、。
化器内視鏡専門医
による専門性の高い検査
当院の院長は「日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医」ですので、専門性の高い胃カメラ・経鼻内視鏡検査を受けて頂くことができます。また、検査の症例数も豊富ですので、実績・経験に裏打ちされた確かな技術力で精度の高い検査を実施致します。
8時から検査を
実施しているので出勤できます
当院では朝8時から胃カメラ・経鼻内視鏡検査を実施しておりますので、丸一日お仕事を休まなくても検査を受けて頂くことができます。検査後、1時間程度でお食事もして頂けます。
ただし、「静脈内鎮静法」を行った上で検査を受けられた方につきましては、覚醒するまで2時間程度ゆっくりとお休み頂くことになります。
丁寧な事前ウンセリングで
不安や緊張を緩和
胃カメラ検査に対して「つらそう」「負担が大きい」などのイメージを持たれている方にも安心して検査に臨んで頂くために、事前カウンセリングで丁寧に検査内容をご説明し、当院の検査が「苦痛の少ない胃カメラ検査」であることをよくご理解頂くようにしております。検査内容をよくご理解頂くことは、検査時の痛みや不快感の低減にも繋がります。
西洋医学と洋医学の
それぞれの長所を取り入れ治療
当院では西洋医学のお薬だけでなく、東洋医学の漢方薬も積極的に取り入れて患者様の症状の解消を目指しております。お一人おひとりのお体の状態や、お悩みの症状などに応じて、適切なお薬を処方して治療させて頂きます。
項目を追加

Fee

検査費用

※健康保険の負担割合によって異なります
※初再診料は含まれておりません
※検査を実施する部位や治療を行う個数によって若干異なります
※追加でお薬代、その他の検査費用などが必要になる場合があります

ビジネスは最高のヒマツブシだ。
BURA SHINTARO(武羅 新太郎)
Web Solution Division - Interactive Planner
胃カメラ・経鼻内視鏡検査+生体検査
1割負担: 2,000~6,000円程度
3割負担: 6,000~12,000円程度

ピロリ菌検査・除菌
 1割負担: 2,000~3,000円程度
 3割負担: 5,000~6,000円程度

項目を追加

Q&A

よくあるご質問

Q
質問です
A
答えです
Q
胃カメラ検査を受けたいのですが、どうすればいいですか?
A
胃カメラ検査を受けて頂くためには、事前診察が必要となりますので、まずは診察のご予約をお取りください。その後、検査の日時を決定させて頂きます。
Q
胃カメラ検査は保険適用で受けられますか?
A
病気の検査・治療を目的に実施される場合には保険が適用となります。健康保険の負担割合によって異なりますが、3割負担の方で6,000~12,000円程度です。詳しくは当HPの「検査費用の目安」をご覧ください。
Q
どんな時に胃カメラ検査を受けるべきでしょうか?
A
「胃が痛い」「胃がむかむかする」「胃が重い」などの胃の不調をお感じの時のほか、胸やけ、黒い便が出る、急に体重が減ったなどの症状がある時には検査を受けられるようにしましょう。2~3年に1回のペースでは異常を早期に見つけられない場合もありますので、年に1回の定期的な検査をおすすめします。
Q
胃カメラ検査ではどのような病気の発見が可能ですか?
A
胃がん、食道がん、十二指腸がん、喉頭がん、咽頭がんなどの悪性腫瘍のほか、胃潰瘍、慢性・急性胃炎、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎などの疾患の発見・診断に有効です。
Q
胃カメラ検査は苦しくありませんか?
A
当院では患者様へ快適な胃カメラ検査をご提供するために、鼻から内視鏡を挿入する負担の少ない「経鼻内視鏡検査」を実施している以外にも、検査に対する恐怖が強い方などのために「静脈内鎮静法」を行わせて頂いております。実績・経験豊富な消化器内視鏡専門医が、皆様に苦痛の少ない検査を実施させて頂きます。
Q
胃カメラ検査の検査時間はどのくらいですか?
A
患者様によっても異なりますが、検査そのものは15~20分程度です。
Q
口からの検査と鼻からの検査で検査時間に違いはありますか?
A
口から内視鏡を挿入する方法(経口内視鏡検査)と、鼻から内視鏡を挿入する「経鼻内視鏡検査」では、検査時間にはほぼ違いはありません。ただし、経鼻内視鏡検査の方が負担が少ないので、多くの患者様は鼻からの方が短いと感じられる傾向にあるようです。
Q
鼻から内視鏡を挿入する時に痛みはありませんか?
A
経鼻内視鏡検査の前処置として、鼻の粘膜に局所血管収縮薬を塗布して出血のリスクを抑え、麻酔液を注入して局所麻酔を実施しますので、ほとんど痛みはありません。
Q
経鼻内視鏡検査は誰でも受けられますか?
A
患者様によっては経鼻内視鏡検査が適応とならない場合もございます。詳しくは当院までお問い合わせください。
Q
胃カメラ検査前・検査後の注意事項を教えてください
A
検査前日は21時までに食事を済ませておくようにしてください。それ以降は絶食でお願いします。お水は飲んで頂いてもかまいません。検査当日の朝も絶食でお願いします。飲水は大丈夫です。リラックスして検査に臨まれるようにしてください。
検査後、腹部に不調があったり、黒い便が出るなどの異常があったりする場合には、すぐに当院へご連絡ください。万が一の事態に備えて、検査を受けられた患者様には当院の緊急連絡先をお伝えしております。
Q
検査当日、車で来院したいのですが大丈夫でしょうか?
A
静脈内鎮静法を行った上での検査をご希望になる方は、検査後も眠気やふらつきなどが残る場合がありますので、ご自身の運転による車やバイクでのご来院はお避けください。
Q
検査後、仕事に行くことはできますか?
A
検査後、1時間程度でお食事して頂けますので、お仕事に行って頂くことができます。当院は朝8時から検査を実施しておりますので、丸一日お仕事を休まなくても胃カメラ検査を受けて頂くことができます。
ただし、「静脈内鎮静法」を行った上で検査を受けられた方につきましては、覚醒するまで2時間程度ゆっくりとお休み頂くことになります。
Q
胃カメラ検査を介して病気がうつることはありませんか?
A
当院では患者様ごとに内視鏡を取り替え、洗浄・消毒して院内感染の防止に努めております。安心・安全な検査を心がけておりますのでご安心ください。
Q
毎年バリウム検査を受けているのですが、胃カメラ検査も受けた方がいいでしょうか?
A
バリウム検査(胃透視)は上部消化管のスクリーニング(振り分け)として大切な検査で利点もありますが、がんが疑われる病変を確定診断することはできませんし、胃がんや食道がんの早期発見にはあまり有効ではありません。また、バリウム検査で異常を指摘された場合には、後日あらためて胃カメラ検査を受ける必要があります。なので、バリウム検査だけでなく、定期的に胃カメラ検査も受けられることをおすすめします。
Q
ピロリ菌とは何ですか?
A
ピロリ菌は正式には「ヘリコバクター・ピロリ菌」と言い、胃粘膜に感染するらせん状の細菌です。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの疾患を引き起こすだけでなく、持続感染することで胃がんのリスクを高めるとされています。
Q
ピロリ菌検査・除菌を受けたいのですが…
A
ピロリ菌検査は胃カメラ検査と同時に行うことができます。検査結果も当日中にわかり、陽性の場合には除菌治療が受けられます。ピロリ菌検査・除菌は胃カメラ検査で胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎と診断された場合には、2回まで保険適用で受けられます。
Q
ピロリ菌除菌の成功率はどのくらいですか?
A
患者様によっても異なりますが、1回目の除菌の成功率は70~80%程度、2回目の成功率は95%以上とされています。
項目を追加